子供の背を

伸は?す方法(睡眠編)

子供の背を伸は?す方法(睡眠編)

◎ 睡眠と身長

背が高いと憧れる事って多いですよね。着られる洋服も多いし、何よりかっこが良いイメージがあるのではないでしょうか?もし自分の子供の背がそんなに高くなかったら将来を心配してしまう親御さんも多いのではないでしょうか?背が高い人って子供の時から高かったのかしら?それとも遺伝なのかしら?など色々と考えてしまう人も多いですが、今回は子供の背を伸ばす方法についてご紹介したいと思います。幾つか方法がある中で最も身近に出来る方法「睡眠」で背を伸ばす方法をご紹介したいと思います。是非、お子さんの背を伸ばす方法として参考にして下さいね。

人間にとって「睡眠」とはとても大切な事です。睡眠をとる事で体を休ませ翌日への活力へと繋がります。また、睡眠不足だと頭が働かない、体がだるいと感じる人も多いでしょう。また女性の場合お肌の調子にも影響が出ますよね。それ位、睡眠は私達人間にとって必要な行為の一つです。実は、この睡眠、身長を伸ばす方法にもとても重要な役割があります。何故、睡眠が身長を伸ばす方法として重要な役割があるのかというと、睡眠が不足すると子供にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

睡眠と成長ホルモン

◎ 成長ホルモンは重要?

実は睡眠を十分にする事によって身長を伸ばす為に必要な「成長ホルモン」を分泌する事ができます。この言葉聞いた事がある親御さんも多いかもしれませんが、人間は眠っている時、特に深い眠りをしているノンレム睡眠の時にこの成長ホルモンの分泌が多くなります。成長ホルモンが分泌される事により、子供の成長を育成させ、また身長を伸ばす事ができます。「自分の子供は10時すぎには寝ているから大丈夫」と思っている親御さんも多いかもしれませんが、大事なのは成長ホルモンが多く分泌される夜10時から2時の間に深い眠りについていないといけないと言われています。

また、年齢別で理想的な睡眠時間もあり、1歳から3歳までは12時間から14時間、4歳から5歳までは11時間から13時間、6歳から12歳までは10時間から11時間、13歳から17歳までは8時間半から9時間と言われています。しかし、日本人の子供は世界一寝不足だと言われています。最近では、テレビやゲームなどの発達によって子供も遅くまで遊んでいる事が多くなり睡眠不足になっている子供も多いのも事実です。その為、低身長の子供が多いのも事実です。しかし、昔から「寝る子は育つ」というように寝る子は本当に身長が伸び、体もしっかりと作られます。是非、少しずつでも良いので子供の就寝時間を早めて是非深い眠りにつけるようにしてあげましょう。