子供の身長を

伸は?す方法(運動編)

子供の身長を伸は?す方法(運動編)

◎ どんな運動がいいの?

自分の子供を見て「他の子供と比べて低身長ではないかしら?」と心配になっている親御さんもいるでしょう。同じ年齢の子供同士、身長を比べて自分の子供が他の子供より低身長だと心配になりますよね。「成長が止まっているのかしら?」」「将来身長が伸びなかったらどうしよう」と不安になるでしょう。今回は、子供の身長を伸ばす方法の一つ「運動」での方法をご紹介したいと思います。子供はよく体を動かします。動かしながら身長を伸ばす事が出来る方法なので子供にとっても負担が少ないので是非試してみて下さいね。身長を伸ばす為には「骨端線」という軟骨部分の成長を促す必要があります。この部分は骨の端にあり成長期の子供の身長が伸びる際、この部分が伸びる事により身長が高くなります。その為、子供の身長を伸ばすにはこの骨端線に刺激を与える事が大切で、刺激を与える事により成長ホルモンが分泌され、この分泌によって身長が伸びます。

では、どのような運動をすると良いのでしょうか?骨端線を刺激するには飛んだり跳ねたりするような全身を使った運動が良いと言われています。その為、バレーボールやバッケットボール、またジョギングなども子供の身長を伸ばす運動には良いと言われています。どれも子供に人気の運動ですよね。また、これらの運動をしている人達は高身長なのも納得ができますよね。

避けたほうがいい運動とは?

◎ 極力避けるべき運動はなに?

では、反対に避けた方が良い運動には何があるのでしょうか?子供にはあまり必要がない厳しい筋トレをするような運動や体の一部ばかり使うような運動は身長を伸ばす上で良くないと言われています。確かに、これらの運動は子供の時にはあまりやりませんが、それでも中学生や高校生になると少しでも筋肉をつけたくなる男の子も多く、筋トレをしてしまう人も多いですが、中学生や高校生もまだまだ成長ホルモンが分泌されています。極力避けるように心がけた方が良いでしょう。

運動をする事によって、成長に必要な成長ホルモンが分泌されます。特に運動後も成長ホルモンの分泌は促進されます。現代の子供は運動よりもゲームやインターネットなどの室内遊びばかりをしてしまいがちですが、外に出て体をしっかり動かし、成長ホルモンを多く分泌させ身長を伸ばしましょう。また、運動をする事により体が疲れる事で夜しっかりとした睡眠をとる事ができます。実は睡眠も身長を伸ばす方法に必要な行為の一つです。是非、適度な運動、そして良質の睡眠をとって子供の身長を伸ばしてあげましょう。