眠るときの工夫

ポイントを紹介

眠るときの工夫

◎ 睡眠と身長の関係

 子供の身長を伸ばす方法に中に「睡眠」があります。寝る子は育つと昔からよく言いますが、現代の子供は塾やクラブ活動、習い事など忙しい日々を送っている為、中々早く就寝することができません。その為、本来必要な睡眠時間より短くなっています。実は身長と睡眠には大きな関係があります。しっかりとした睡眠をとる事で身長を高くする事が出来ます。最近では、子供が低身長で悩んでいる親御さんも多いと言われています。勿論、子供の身長は80%近く遺伝からと言われていますが、残りの20%は親御さんの努力次第では子供の身長を伸ばす事が出来ます。

実は、子供の身長を伸ばすタイミングは限られています。この限られた時間を有効活用することで子供の身長を最大限に伸ばす事ができます。その最大限に身長を伸ばしてくれるのが「睡眠」という事です。勿論、ただ眠れば良い訳ではありません。良質な睡眠をとる事が大切です。今回は良質な睡眠をとる為には一体どのような工夫をすれば良いのかお伝えしたいと思います。

質の良い睡眠をするためには?

◎ 成長ホルモンを出そう!

 寝ている間、身長を伸ばす為に必要な成長ホルモンが沢山分泌されます。その為、睡眠はとても大事な要素になります。しかし、ただ寝れば良いと思っている親御さんも多いですが、ぐっすりと眠っている時に初めて成長ホルモンの分泌が始まります。その為、ぐっすりと眠る事、すなわち良質の睡眠をする事が大事です。簡単に良質と言われてもと困る親御さんも多いでしょう。質の良い睡眠をする為にはどのような工夫をすれば良いのでしょうか。1)入浴は寝る1時間前に済ませておく2)運動も寝る直前にするのではなく午前中に済ませておく3)寝る直前に、テレビやスマホなどの画面を見ないようにする4)夕食やおやつは寝る2時間前までに済ませておく5)昼寝は長時間しない、しても30分以内に済ませておく

寝る直前までスマホやゲームをしている子供も多いですが、実は寝る直前に脳にあまり刺激を与えない事が深い眠りをする上で大切になります。ベッドに入ってスマホをいじったりスマホのゲームをしたりするのが楽しいと思う子供も多いですが、これでは良質な睡眠をとる事が出来ません。また、大人の人もベッドに入ってからスマホをいじっている人が多いですが、大人もこのような行為をしてしまうと良い睡眠が出来ません。今回挙げた5つの工夫をする事で良い睡眠をする事が出来ます。是非、親御さんが工夫をし、一緒になって良い眠りがつけるように努力、そして確保してあげる事が大切です。睡眠をする事で身長を伸ばすだけではなく、子供の脳への発達にも良い影響を及ぼします。実は、眠っている間に脳はその日の出来事や学習した事を整理します。また、質の良い眠りをする事でその日の疲れをとる事が出来ます。